工作室 177 蝶番の無ない箱

事情がありまして工作作業が出来ない状況でしたが、ようやく復帰しました。今年最初の製作記です。

設計

いつものようにSketchUpで設計しました。左の画像をクリックするとダウンロードできます。

蝶番はありません。これは蓋を開けた状態です。

蓋を閉めるとこうなります。

寸法を描き入れました。

分解するとこうなります。蝶番のかわりに3mmの軸があるのがわかりますね。

製作

板のカット作業から開始です。

構造はとても簡単ですが、案外組立ては面倒です。

底板に前面と後面の板を接着しました。

それから実寸合わせで側板をカットしました。

蓋(天板)を仮止めするための補助板を、この位置に両面テープで貼り付けました。

蓋をのせてみました。ぴったりです。

さらに側板を仮止めします。

3mmの竹ひごを通す為の穴を空けます。この位置はかなり重要です。実は一度失敗して作り直したんです。

穴が空いたら、ばらします。

写真ではわかりにくいので精密な設計図を載せます。蓋は軸を中心に回転するので、このように角を丸めます。これはカンナとやすりで仕上げました。

この段階で塗装をしました。めずらしくツートンカラーです。濃い方はワトコオイルのチェリー、薄い方はワトコオイルのナチュラルです。

組み立てました。蓋の動きは狙い通りでした。一度失敗して作り直した成果です。

さらに、内側の底にはフェルトを貼りました。

完成

これで完成です。

テーブルの上に置いてテレビのリモコンを入れておくといいのですが、実はテレビを持っていないのでリモコンもありません。

2018年2月4日 記

工作室メニュー